故人の要望などがあれば

誰にでも死はいつか平等にやってくるものです。知人や同僚、友人や親に兄弟でさえいつか別れなければいけない運命にあるのです。会者定離という言葉がに日本にはあるのです。どんなに健康で病気知らずの人でもいつか寿命を迎え亡くなってしまうのです。特に親や子供との死別は非常に辛いものなのです。育ててくれたこと、叱咤激励してくれたこと、旅行や運動会などの楽しい思い出や愛情を思い出すと、到底死をストレートに受け入れることはできないものです。特に親の何の見返りも求めない無償の愛を思い出すと、悲しい気持ちが一層増して奈落の底に突き落とされたような気分になってしまうのです。親が亡くなれば配偶者やもしくは子が喪主になり故人を弔わなければいけないのです。愛情を持って育ててくれた親の事を思えば、故人の要望をできるだけ汲んで葬儀に出してあげたいと思うものです。最近は親が子供に盛大な葬儀を執り行ってほしいと考える人は少なくなっています。できるだけ子には葬儀代や墓碑や霊園費用などを負担させたくないと考える傾向にあるのです。こうした要望は葬儀社で生前相談と言う形で自分が元気なうちに相談し、葬儀の要望や段取りを決めておく人も多くなっています。遺族はこうした生前相談や遺言がある場合故人の意志を尊重し、故人が希望する様に葬儀を行い弔ってあげるのが一番だと言えるのです。特に最近は家族葬などを希望する人も非常に多くなっています。家族葬は一般葬の費用の四分の一程度で執り行うことができ、遺族に費用面で負担をかける心配がありません。究極なのは直葬というもので、通夜や告別式を一切行わずすぐに火葬してしまうので費用も十五万円程度で済むのです。また霊園なども必要ないと考え散骨や樹木葬を希望する人も多くなっているのです。霊園を用意しないことは百万円単位の費用が浮くことになり、そこには故人の子や配偶者を思う愛情を感じることができるのです。

周りからの批判も少なく

身近な人が亡くなると、関係の近い人が一連の儀式を執り行う喪主を務める事になります。 周りからの批判はなるべく少ない方が良いのですが  ~ 続きます

Copyright© 2015 自分が「喪主」になる時が来る事を All Rights Reserved.