周りからの批判も少なく

身近な人が亡くなると、関係の近い人が一連の儀式を執り行う喪主を務める事になります。 周りからの批判はなるべく少ない方が良いのですが、自分では頑張っているつもりでも、親族からクレームが出る場合はあります。 特に初めての場合はどうしてよいかわからず不安になりますが、周りの方に教えてもらいながらやってみると良いです。 「悲しみに耐えながら参列者にきちんと対応できる自信がない」という場合は、親族と家族だけで見送る家族葬も選べます。 故人との別れを悲しむ気持ちは家族も親族も同じですから、喪主だけで頑張り過ぎない事が大切です。 周りの方と話し合いを重ねながら進めていく事で、気持ちもずいぶん楽になりますし、喪主がする一連の流れについては葬祭スタッフも教えて下さいますので、分からない点は質問をすると勉強になるものです。 不手際がないように完璧に行うのは難しいものですが、「お世話になった故人をみんなで旅立たせる」という気持ちを持って、儀式を行いたいものです。

Copyright© 2015 自分が「喪主」になる時が来る事を All Rights Reserved.