葬儀社に相談できやいように

現代は様々な価値観や主義、主張、思考や信条が認められるようになっているのです。また様々な考え方があって当たり前であり、それに対する偏見や軽蔑を持つ人も少なくなってきました。日本の古き悪しき風習なども影を潜めつつあり、個人が非常に尊重されるようになって誰もが自由に生きやすい時代になっているのです。こうした傾向は結婚観や死生観などにも顕著にあらわれるようになっています。結婚適齢期にとらわれず、結婚せずに自由に仕事や趣味にまい進する人も多くなってきました。また葬儀や埋葬法に関しても様々な価値観や考え方が見られるようになっているのです。通夜や告別式の一般葬の後に、霊園に埋葬されることに疑問を感じたり、違った埋葬法をしてほしいと考える人も最近非常に多くなっているのです。自分の最期は自分で納得のいくように生前に決めておきたいと考える人も少なくないのです。こうした葬儀の方法に関しては葬儀社で生前に相談できやすいようになっているのです。葬儀社では無料で生前相談に応じるところも多々あるのです。葬儀社では様々な人の価値観やニースにあわせて多種類の葬儀プランを用意しているのです。葬儀社では通夜や告別式を行う一般葬の他、家族葬や直葬などといったプランを用意しているのです。その他にも最近は葬儀社で生前葬を行いたいと相談にやって来る人も多くなっているのです。そのため盛大な生前葬プランも用意されており、自分の最期のあり方を自由に選択できるようになっているのです。家族葬は一般葬の四分の一程度の費用で葬儀を行うことができ、遺族や家族に経済的負担を強いらず非常に人気の高い葬儀になっているのです。家族だけの寂しいような葬儀に感じますが、遺族にとっても故人とじっくり向き合い、きちんとお別れをできるとあって非常に好評なのです。また生前葬はホテルやレストランを借り切って盛大に楽しくお別れの会を開催することができるのです。礼を述べたり、謝罪したり生前にすべてかたをつけることができ、安心して天国に旅立てるのです。

任せっきりにしてはダメな事も

将来、親が亡くなり葬儀を執り行うことになった際に心得ておくことを知っておくことは決して意味のないことではありません。むしろ、知っておくことに  ~ 続きます

Copyright© 2015 自分が「喪主」になる時が来る事を All Rights Reserved.