宗派の事を先に考えておく

「死」それは、必ず誰にでも訪れる運命です。会社の先輩が、恩師の方が、同級生が亡くなった。など様々な「死」を人間は、経験して生きていくのです。亡くなった人へのはなむけとして、「あの人の分まで、頑張って生きていこう。」と誓い、悲しみを乗り越えて生活をしてゆきます。 でも、ご家族の方が、不幸に見舞われたら、葬儀を行わなければなりません。その時、喪主の役目を負うことがあることも考える必要があります。ご自分の家は、どの宗派なのかも知っておく必要があります。何故なら、宗派によって、葬儀が異なる場合があるからです。もちろん、喪主としての働きも考える必要があります。最近では、家族葬として、身内だけで執り行い、香典や弔電なども一切お断りされるケースも増えてきてます。しかし、どのような式典として執り行うかは、ご参列の家族にとってとても大切な事であることを考える必要があります。民間の斎場で、業者に依頼して全て行うことができます。その家の宗派の僧侶や神職、または牧師の手配も業者に任せることも可能です。極端に言えば、予算を最初に告げて、その範囲で最前の葬式にしてくれと依頼する事も可能です。業者から、「宗派は?」「どこのお寺ですか?」「この手順で良いですか?」と質問され、それに答えるだけで、式が実施される簡単な方法もあります。 ただ、本当に、ご家族を心静かに、送り出したいのであれば、それより前の段階で、ご自分の宗派を知っておくことも大切です。今では、ネットで検索も簡単にでき、その開祖が誰であったか、その時代背景がどうだったか、人々は何をその教えに求めていたのかなど知る事もできます。また、先祖代々のお寺が、どこにあるのか、いつ頃建てられたのかも、知っておいても良いと思います。 それらの知識と経験によって、ご家族の式は、より充実したものとなり、故人の方も安心して浄土に旅だってゆかれます。他の家族にも、何年も先に喪主になってもらう時の良い手本となります。

信仰宗派によってもトラブルに

普段はあまり気にしていないかもしれませんが、葬儀となると信仰宗派というのは非常に重要です。簡単に分けるだけでも仏教なのか神式なのか ~ 続きます

Copyright© 2015 自分が「喪主」になる時が来る事を All Rights Reserved.