手順は病院などのところから

日本人の多くは寿命を全うする自然死のほか、胃がんや肺がんなどで病死してしまう人が非常に多いのです。医療がどれだけ進歩し、発展したと言ってもステージが進行してしまったがん細胞は放射線や抗がん剤でも太刀打ちすることができず、死を受け入れなければばらないのです。がんを患った本人も激痛に見舞われ、のた打ち回り非常に苦しい思いをするものですが、それを介護する家族も非常に苦しい状況に立たされるのです。夜も眠れず、寝不足のままで仕事や家事をこなさなければならず、介護者が過労で倒れる事さえあるのです。また次第にがんが進行し、手の施しようがなく亡くなってしまってからも遺族は葬儀の段取りに奔走することになり、気の休まる時がないのです。遺族が落ち着きを取り戻すのは埋葬が済み四十九日を過ぎた時だと言えるのです。埋葬し天に送り届けるまで遺族は一生懸命頑張らなければいけないのです。家族が病院で亡くなったら病院から弔いが始まるのです。病院から葬儀社などの紹介を受け葬儀の手順が進んでいくのです。病院では霊安室などを用意してもらう手順を踏まなければならず、遺族は家族が亡くなった悲しみにどっぷり浸っている暇はないのです。霊安室に運ばれる前にご遺体の体を清め死に装束を着せてから霊安室に運ぶのです。この手順や段取りもすべて葬儀社が行ってくれるのです。葬儀社の指示に従えばスムーズに安置され、霊きゅう車で葬儀場に運んでくれるのです。しかしこうした手順や段取りの前に遺族は葬儀社を選定する手順を踏まなければいけません。紹介される葬儀社や声をかけてくる葬儀社は複数社の場合もあります。こうした場合は相見積をとって費用を確認したり、営業マンの対応や受け答えを参考に葬儀社を選んでいくとよいでしょう。良心的な葬儀社の場合は見積もりの段階で非常にクリアな見積書を持参してきてくれます。一式料金表示ではなく、何にどれだけの費用がかかるのか記載され非常に良心的な見積もりで対応してくれるのです。

手続きの順番を踏まないと面倒に

手続きの順番を踏まないと面倒になるのが冠婚葬祭です。後々の感情のこじれになる場合もあり要注意です。この手続きで面倒に陥りやすいのが  ~ 続きます

Copyright© 2015 自分が「喪主」になる時が来る事を All Rights Reserved.