手続きの順番を踏まないと面倒に

手続きの順番を踏まないと面倒になるのが冠婚葬祭です。後々の感情のこじれになる場合もあり要注意です。この手続きで面倒に陥りやすいのが、自分が「喪主」になる時が来る事を想定した場合です。 亡くなった人の告別式を行うのに誰が喪主になるのか、夫婦であれば配偶者が喪主になりますが、親子関係や夫婦それ以外の親族が亡くなった際に、誰が喪主になるのか、手続きをきちんと踏んでおかないと、後々面倒なことになってしまいます。こうした冠婚葬祭の感情のもつれは修復するのに時間がかかってしまいます。 例え自身が喪主をするにしても、他の人で喪主の資格になる人はいないのか、といったことを確実に調べていくことが大事であるといえます。 そして、意思確認を確実に行っていくことが重要であるといえます。 親族関係であればなおさらのことで、それ以降も親戚付き合いをしていくことを考えていくと、時間を要したとしてもきちんと手続きを踏んでいくことが大事です。

Copyright© 2015 自分が「喪主」になる時が来る事を All Rights Reserved.